我が家の黄色い薔薇7種(シラノ・ドゥ・ベルジェラック、アニー・デュプレイetc)

1.JPG


今日は我が家のイエロー系の薔薇7種をご紹介したいと思います。

2.JPG


まずは我が家の古株、日本ではピースの名前で通っていますが、フランスではマダム A.メイアン(Mme A. Meilland)と呼ばれています。
名前の通り、メイアンの薔薇。

3.JPG


我が家にあるのはつる薔薇の方ですが、この家に引っ越してきた時にはすでにあったので、特別好きと言うわけではないのですがそのままにしています。

4.JPG


確かに自分では選ばない薔薇ですが、何度も殿堂入りしている有名な品種。
大ぶりな花は見事で、咲き始めは黄色ですが、咲くとふわっとしたクリームイエローになり、薄いピンクが差して優しい印象の薔薇です。

5.JPG


香りは特別強くありませんが、ほんのり香ります。
そして何よりも強健で病気知らず。
自分でガーデニングをするまでは、かなり適当なお世話しかしていなかったのですが、それでも毎年たくさんの花を咲かせてくれました。

最近はちゃんとお手入れしているので、写真には写っていませんが、今年は春の花の後に根元から2本も元気なシュートが出てきました。

6.JPG




7.JPG


2株目は同じくつる薔薇はシラノ・ドゥ・ベルジェラック(Cyrano de Bergerac)。
高さ、横幅共に2メートル程度のつる薔薇としては割とコンパクトな品種です。

8.JPG



別の記事で書いているのですが、鉢管理が良くないのかお迎えして3年目でようやく花が見られました。
でも全く本来の姿は見れていないので、今年地植えにしたいと思っています。

9.JPG




10.JPG


3株目はゴールデン・セレブレーション(Golden celebration)。
David Austinの人気の薔薇です。

11.JPG


大型シュラブということで、半つるとしても使えるらしいのですが、どうも今のところは縦に伸びる気配はないです。
せっかくアーチを設置したので、もう少し伸びてくれると嬉しいのですが。

12.JPG


ゴールデン・セレブレーションは薔薇にはまりだした時に一目で気に入った薔薇で、今でもお気に入りのひとつです。

13.JPG


フリフリの花弁は薔薇にはまってから初めてこんな咲き方の薔薇もあるんだと感動しました。
香りも良くて、シーズン中はカットして家の中に飾ることも多いです。
残念なのは花の重さと華奢なステムでうつむき気味になること。

15.JPG




16.JPG


4株目は同じくDavid Austinの薔薇、チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)。
ゴールデン・セレブレーションと似ていますが、こちらは花の色がアンティーク調の辛子色が特徴

17.JPG


先進むとどんどん退色してほとんど白になります。

18.JPG


花持ちはそんなに良くありませんが、レモニー調のさわやかな香りが好きです。

19.JPG


我が家では3回ほど返り咲きしますが、ずっと鉢管理だったのをようやく地植えにして1年ほどなので、これから株が充実してくれるといいなと思っています。

20.JPG




22.JPG


5株目もDavid Austinからでティージング・ジョージア(Teasing Georgia)。

こちらは2018年の秋に裸苗でお迎えしたものなので、まだ1年半ちょっと。

23.JPG



ここへ引っ越してくる前から植わっていたノウゼンカズラを抜いて、前庭に場所が出来たので選んだ薔薇です。
高さ125cm、横幅100cm程度の標準的なイングリッシュローズの大きさで、香りがあります。

24.JPG


ロゼット咲きの薔薇が大好きなので、とても気に入っています。
色もとてもさわやかなパステルイエローで素敵。

25.JPG


ひとつミスをしたのは、別の記事にも書いたのですが、すぐ手前に植えた花が想像よりも大きくなり過ぎてしまったのと、こぼれ種で育ったオレルアを放っておいたらティージング・ジョージアが埋もれて日陰になってしまったこと。
今はすべて撤去したので、少しずつ回復して新しい葉も出てきました。
薔薇の近くに植えるものにはもっと気を付けなければいけませんね。

26.JPG




27.JPG


6株目は小ぶりでフリフリのポンポン咲きの花が可愛いアニー・デュプレイ(Anny Duperey)。

28.JPG


高さ80~100cm、横幅60~80cmの修景薔薇。

29.JPG


咲き始めはくっきりとした黄色ですが、すぐにさわやかなレモンイエローに変化。

30.JPG


強健種で育てやすく、冬以外は何度も返り咲きしてくれるのが嬉しいです。

31.JPG


そして特筆すべきがその強い香り!
開花中は前庭に出るといい香りに包まれます。

32.JPG




33.JPG


最後7株目はコンパクトなポップコーン・ドリフト(Popcorn DRIFT)。
縦横共に40cm前後で鉢植えにも向きますが、我が家は庭の通路脇に3株並べて植えています。
花ひとつひとつは小さいですが、グループ咲きなので満開になるとなかなかキレイです。

34.JPG


咲き始めは薄い黄色ですが、先進むと白っぽくなります。
この黄色と白の感じからポップコーンという名前がついたのかな?
ドリフトシリーズは香りがない薔薇ばかりですが、こちらはほのかに甘い香りがします。
光沢のある葉で花がなくても見栄えがするし、花摘みをしなくても良く、強健なのも嬉しいです。

35.JPG




インスタは毎日更新してます!

index.jpg france13_mika


ブログランキングに参加しているので、
良かったら応援のクリックをして頂けると嬉しいです!
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

この記事へのコメント