冬の庭でこぼれ種のクリサンセマム(ノースポール)が満開

IMG_3902.JPG


「一度播いたらこぼれ種で翌年も勝手に咲いてくれる!」
そんなフレーズに惹かれて種を買って播いたのは2018年の秋のこと。
咲かせたいところに種を直接播く、直播きが出来るのも面倒くさがり屋の私にぴったり。

IMG_3901.JPG


何といってもクリサンセマムは秋に播くと冬から咲き始めて初夏まで楽しめるのが魅力。
背丈も20~30cm程度で密集させると適度なボリュームも出るので、他の植物の足元に植えれば雑草対策+足元隠しに、植物と植物の間に植えれば隙間埋めに、我が家は木製パレットの小さな小道沿いにずらっと植えてボーダー風にしていて、今は↓のような感じになっています。

IMG_3903.JPG


花が終わってからもそんなに汚くはならないので種が落ちるまで放置しておくと、こぼれ種で勝手にどんどん増えていきます。
↓は昨年の秋頃の様子。

DSC03737.JPG



もちろん意図しないところまで種が飛んであちこちで発芽してしまうのですが、クリサンセマムは成長しても根があまり張らないので簡単に抜くことが出来ます。

DSC03738.JPG


今回もびっくりするほど勝手に育ってくれたので、間引きをしなければいけなかったくらい頼もしいです。
小さな白い花は他の花との相性を選ばないのでとっても便利。
また花の少ない冬の間もずっと咲いてくれるのがいいですよね^ ^

IMG_3906.JPG


面倒くさがり屋さんには直播→花→こぼれ種→花の夢のループを叶えてくれるクリサンセマム、お勧めです!



ブログランキングに参加しています!
記事を楽しんでもらえたらぜひ応援クリックしてもらえると、とっても嬉しいです^ ^

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

この記事へのコメント