こぼれ種のニゲラと千鳥草・・・大失敗!

1.JPG


昨年種から苗を育てて植えたニゲラ。
その時は全く上手くいかず、一本だけ生き残ってちょろっと伸びて花を咲かせて終わってしまいました。
しかし、今年はそのニゲラのこぼれ種で大変なことになってしまいました。

3.JPG


実は昨年、つる薔薇ピエール・ド・ロンサールの横にニゲラと千鳥草を一緒に植えたのですが、両方ともあまり上手く育たずに寂しい開花で終ってしまいました。
でも春先に何やら芽が出てきた時には千鳥草が芽を出したと思ったのです。
と言うのも、下の写真にあるように別の場所に植えた千鳥草のこぼれ種が勝手に発芽していたので。

2.JPG


上の写真は3月20日のものですが、約1ヶ月後にはこんな感じにすくすく成長。

4.JPG


5.JPG


そして5月に入ると別のところで芽吹いた千鳥草に花が。

6.JPG


でもこのころから別の場所で芽吹いた千鳥草とピエール・ド・ロンサールの横に出てきたものは何となく様子が違うことに気付き、その予想は的中。

7.JPG


こちらは一向に花が咲かず、それどころかさらにグングン成長。

8.JPG


ピエール・ド・ロンサールの前に植えてあるゲラニウムを邪魔する様に四方八方からニョキニョキ。

9.JPG


そして5月の下旬になるとこんな蕾が。

10.JPG


ここでニゲラと気付きました。
確かに良く見れば違うのですが、初めの方はかなりそっくりだったのと、やっぱり思い込みでしょうか。
本当に気付きませんでした。

11.JPG


まだ花も咲かないのに、下で咲いているゲラニウムが見えなくなるくらい茂ってしまいました。
ピエールも少し隠れてしまっています。

12.JPG


6月に入りようやく花が咲くと、確かに邪魔ではあるもののピエールとゲラニウムの花も終わり、暑くなってきたのもあって、ニゲラのブルーが涼しげでなかなか素敵。

13.JPG


でも背が高いので支柱などがないと倒れてきてしまい、何とか倒れないようにしたものの、支えきれなかったものは足元のゲラニウムやコモンスピードウェルの上に倒れながら咲いてしまったり、なかなか扱いが大変でした。
元々は背が高いのを見越して奥の壁際に植えたのに、こぼれ種はあちこちに飛んでしまって前景に植えてあるものよりも手前で発芽したりしたので、次回は早めに邪魔になりそうな場所に出た芽は摘んでしまおうと思います。
狙った場所に咲いてくれれば、このニゲラはとっても素敵なので気に入っています。



index.jpg france13_mika


ブログランキングに参加しています!
記事を楽しんでもらえたらぜひ応援クリックしてもらえると、とっても嬉しいです^ ^
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

この記事へのコメント